東京スター・ビジネス・ファイナンス

融資のご相談

  • 03-5339-2750 9:00~17:00 平日
  • お申し込み
  • お問い合わせ

お役立ちコラム

ファクタリングとABL(売掛債権担保融資)の違い

一昔前まで、銀行などの金融機関から融資を受けるためには土地や建物など不動産を担保にすることが一般的でした。しかしこれでは担保にする不動産を持っていない企業は融資を受けることができません。不動産など担保にできる資産がない、しかし融資を受けたいという場合には、売掛債権担保融資(ABL)もしくはファクタリングを活用する方法があります。売掛金を活用して資金調達するという点では同じですが、細かい部分で異なるところがいくつかあります。売掛債権担保融資とファクタリングの違いを今一度確認して、効率的な資金調達をすることをお勧めします。

売掛債権担保融資とは

売掛債権担保融資とはその名の通り、売掛債権を担保にして融資を受ける資金調達手段です。銀行やノンバンクを相手方として融資を打診、売掛債権を担保として差し出すことで信用力を補う手法と考えてください。

売掛債権を担保にする資金調達方法

売掛債権担保融資は、不動産資産等を持たない中小企業の救済手段としてはじまりました。
売掛債権担保融資と一言でいっても、さまざまな手法があります。
多くの金融機関(銀行)の場合は、売掛先の信用力および売掛先への通知・承諾が必要となるケースが多いようです。
一方で、弊社の「スターABL」のように売掛先の個別の信用力というよりは売掛先の分散度合いをみて集合債権としての担保に融資する手法もあり、この場合は売掛先への通知・承諾は必要ありません。
いずれにしても、不動産担保に依存しない融資手法として、多くの中小企業に注目されています。

売掛債権を担保にする資金調達方法

売掛債権担保融資の注意点

売掛債権担保融資を受けるためには債権譲渡登記を行う必要がありますので、譲渡禁止特約が付帯された契約は担保から外れます。大手企業との契約は上記条項が含まれているケースが多く、付帯条件の確認が必要です。
債権譲渡登記を行う際に、事前に取引先から承諾を得る必要はありません。取引先には知られずに進めることもでき、信用問題を懸念される事業者さまもご利用いただけます。また、売掛債権担保融資の仕組みをとった場合、売掛債権の貸し倒れリスクは自社で抱えたままとなります。期日までに回収できなかった場合、損失を被るリスクがあります。

ファクタリングとは

ファクタリングとは、保有している売掛債権を譲渡して現金化することを指します。融資を受けるわけではなく、資産そのものを売り渡す形となるため売掛債権担保融資とは全くの別物です。債権を売却するので、取引先はファクタリング会社に対して支払いを行います。よってファクタリングで資金を調達する場合、その旨を取引先に通知し、承認を得る必要があるということも大きな違いです。

売掛債権を売却する資金調達方法

ファクタリング会社に相談すると、売掛先の信用調査が入ります。売掛先の経営状態や信用力によって手数料が計算され、手数料を差し引いた金額が事業者の手元に入る金額となります。この条件で問題なければ、ファクタリング契約締結となります。ファクタリング業者は、売掛先の支払期日が到来するのを待ちます。

売掛債権を売却する資金調達方法

貸し倒れリスクを移転できる点がメリット

売掛債権を売却した時点で自社の取引は完結するため、貸し倒れリスクを回避できます。回収できなかった場合に損失を被るのはファクタリング業者であって、自社への影響を免れるところはメリットでしょう。もちろんファクタリング業者も信用調査のプロとして、売掛先の経営状態をあらかじめ調査します。明らかにリスクが高い取引についてはファクタリング契約を締結できないケースもあります。

悪質なファクタリング業者に注意

ファクタリング契約は貸金業法による規制がなく、「利息」ではなく「手数料」の扱いであるため手数料負担が高額になりやすい傾向にあり、業者をよく見極める必要があります。本来ファクタリングは、売掛先企業の通知・承諾を得て3社間で行うものですが、最近では売掛先企業を除いた2社間で手続きが完了するファクタリングというものも登場しています。気をつけなければならないのは、2社間ファクタリングの場合、ファクタリング業者としても多くのリスクを抱えるため、一般的に手数料水準が高くなる傾向にあることです。

一般的な金利水準から大きくかけ離れた手数料を打診された場合には、信頼できるファクタリング業者かよく考えて契約する必要があります。とくに悪質な業者と契約してしまった場合には、売掛先も巻き込んだ問題にもなりかねません。取引先からの信用を失えば、その後の取引にも影響を及ぼす危険性があります。自社だけの問題ではないことを理解したうえで、慎重な判断が必要となります。

まとめ

売上債権担保融資とファクタリングの大きな違いを今一度確認すると、売掛債権を担保に融資を受けるか、売掛債権を売却して数ヵ月後の入金を前倒しするかというところです。ニューマネーを入れるか単なる入金の前倒しかと考えると、分かりやすいかと思います。資金調達手法が異なればキャッシュフローや貸借対照表への影響も変わってきて、経営状態を左右する問題になるはずです。どちらがいい、悪いではなく、それぞれに特徴があることを十分に理解したうえで資金調達手段を検討すると良いでしょう。

まとめ

お電話でお問い合わせ

TEL:03-5339-2750 受付時間 / 9:00~17:00(平日)

フォームでお問い合わせ

  • お申し込み
  • お問い合わせ

ページトップへ