東京スター・ビジネス・ファイナンス

融資のご相談

  • 03-5339-2750 9:00~17:00 平日
  • お申し込み
  • お問い合わせ

お役立ちコラム

改定される保証協会付き融資の影響2018/02/09

さて今年度も残すところあと2カ月。
今期、有終の美を飾るためにも、今月の踏ん張りが明暗を分けると思います。

今回のABL情報は、いよいよ来年度に改定される保証協会付き融資の影響に伴うABLの活用方法についてお届けします。

■ 1.改定される保証協会付き融資とABL

本年4月より保証協会付き融資が改定されます。
今回の改定の主旨としては、信用保証に過度に依存することなく、一層の経営改善や生産性向上を進めていくための仕組みが整備されるという点です。

  • ①信用保証のない「プロパー融資」と信用保証付き融資を経営の実態に応じて適切 に組み合わせ、信用保証協会と金融機関とで柔軟な「リスク分担」を進める。
  • ②業績が悪化している業種を対象とした「セーフティネット保証5号」の保証割合 を、100%から80%に変更する(別枠は維持)。

この2点を見ると、金融機関のリスクがゼロではなくなるので、従来のように保証協会枠が空いたからといって容易に借り入れできるということは、かなり難しくなるのでないかと思われます。

これまで、過度に依存・期待していた中小企業さまにおいては、影響が出るものと思います。

「今夏には保証協会の枠が20百万円ほど空くから…」とご計画されている場合は、注意が必要です。

『予定していた資金調達が突然NGになる』

金融機関には事前に相談しておくことに加え、その時に慌てないよう、予めABLを準備しておくことをお勧めいたします。

「ABL」について、何かと疑問点や懸念点をお持ちのことと存じます。
一方、ABLでまとまった資金を導入し、数年後に会社のステージがワンランク上昇したという成功事例も多くございます。
まずは疑問点を一つひとつご説明してまいりたいと思いますので、ABLでの資金調達に多少でもご興味ある企業さまがいらっしゃいましたら、お気軽にご相談又はお問い合わせいただければと思います。

≪ご参考≫

ABLお役立ちコラムでは様々な角度から解説していますので、懸念点を解消できるかもしれません!
https://www.tokyostar-bf.co.jp/column/

■ 2.DMから見た最近の傾向

弊社DMの返信について、興味深い傾向が見えはじめています。

弊社では定期的に中小企業さまに対してDMにて商品案内を行っています。
本来は発送してから数週間、長くても一カ月を過ぎるとご相談いただけることはほとんどなくなってしまうのですが、昨秋あたりから過去(中には一年以上も前のDMで!)に発送した企業さまからご相談をいただくケースが多くなってまいりました。

状況をお伺いすると、おおかた下記に集約されます。

  • ・DMは何度か届いており、ずっと気になっていた…
  • ・銀行の手前、活用をためらっていたが、そうも言っていられなくなった…
  • ・今後返済額が上昇する中、手元資金を厚くしておきたいとのことで、思い切って相談してみた…

是非、お気軽にお問い合わせください!

お電話でお問い合わせ

TEL:03-5339-2750 受付時間 / 9:00~17:00(平日)

フォームでお問い合わせ

  • お申し込み
  • お問い合わせ

ページトップへ