東京スター・ビジネス・ファイナンス

融資のご相談

  • 03-5339-2750 9:00~17:00 平日
  • お申し込み
  • お問い合わせ

お役立ちコラム

ABL融資金の活用例2016/11/01

今回は、東京スター・ビジネス・ファイナンスのABLの融資金が、実行後どのように活用されているのかについてご案内します。

■ABL資金使途の実態

ABLの資金使途としては、いわゆる「運転資金」としてお申し込みいただいておりますが、その実態は企業様によって様々です。

一般的には、「先行して発生する仕入資金にABLを活用し、商売を拡大、利益を計上していく」というような資金使途が多いようですが、東京スター・ビジネス・ファイナンスのABLは、どのようなことに使用されているのでしょうか?

ABL融資金の使い道をみますと、融資金の一部(中には半分以上)は、「買掛金の精算」「保証金の差し入れ」「滞納中の社会保険料・国税納付」「知人からの借り入れの返済」といった内容にご利用されていることが多いようです。

★実はココが弊社ABLの強みなのです!!

通常、他の金融機関では融資金が上記のような資金にあてられるとなると消極的になりますが、我がABLではこの一見後ろ向きと思われる資金使途に対して、むしろ積極的にお役に立ちたいのです!

考え方によっては、融資金をこのような"過去のマイナス”を精算することに使用されることは、少なくとも現状は改善できるという見方ができます。かつ、残りの融資金を本来の運転資金として活用いただければ、更に好転していく可能性があります。

つまり、

  1. 1.仕入先に対して買掛金精算  →信用回復が図れる。
  2. 2.仕入先への保証金差し入れ  →商材の安定仕入に今後期待が持てます。
  3. 3.滞納中の社会保険料・国税を完納  →差押リスク回避。
  4. 4.知人への返済  →1.と同様、信用回復が図れます。

いかがでしょうか?
実際に弊社のABLをご利用されている企業様の多くが、上記により改善が図れています。

■ABLは過去のマイナスを背負う企業様向けのスキーム

ABLでの金利負担は軽いものではありませんが、まとまった資金を導入し、過去のマイナスを一掃することで信用回復を果たし、かつ残りの融資金を前向きな資金としてご活用いただければ、資金繰りは改善するのではないでしょうか?

過去のマイナスを背負っている企業様、
毎月社会保険料・国税を分納されている企業様、買掛金が溜まっている企業様は、
是非、東京スター・ビジネス・ファイナンスのABLを検討してみてはいかがでしょうか?

お電話でお問い合わせ

TEL:03-5339-2750 受付時間 / 9:00~17:00(平日)

フォームでお問い合わせ

  • お申し込み
  • お問い合わせ

ページトップへ